2010年11月24日

【東京】足立区東六月町「エコプチテラスで菜園」

東京都足立区のエコプチテラス事業の中の市民農園タイプの事例「東六月町ロッキーガーデン」を訪問し、
今回は園主であるNPO花とみどりの会の横田正実さんのお話も聴くことができました。

エコプチ1.bmp

画整理事業の公園用地及び道路用地を暫定的に市民農園として活用。平成18年に開設。
土地面積約1400uで全30区画。1区画24uで利用料は年額3万6千円。
NPOとみどりの会が運営・管理している体験型農園で利用料には苗、肥料、指導料等が含まれています。
もともとは農地(生産緑地)であったため農園として活用したが、農園開設まで時間が経ってしまったので
野菜作りに適した畑に戻すのに苦労したとのこと。

エコプチ3.bmp
NPOが作付けしている区画の作物は、収穫祭等イベント時に販売して運営費の一部に充てています。

エコプチ2.bmp
畝ごとに同じ種類の野菜を植えています。

おおまかに区画割りをしているが、作付け、除草、収穫等は全て共同作業。
みんなでわいわいと作業するのが好きな人にはぴったりです。

posted by まちの畑 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つちの畑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41836699
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック