2011年04月11日

【東京】江戸東京・伝統野菜研究会の「宮寺農園」

小平で江戸野菜を栽培する宮寺農園を訪れました。
のらぼう菜、亀戸大根、金町コカブ、馬込人参、また、中国野菜の紅菜苔(コウサイタイ)など
多種多様な野菜の栽培をおこなっています。

DSCF0350.jpg


種屋さんで扱っていないような野菜も多く、知り合いの農家や
亀戸の神社から亀戸大根の種を譲り受けたりしたこともあるそうです。
これらの種は、コンタミネーションを防ぐため、花の時期には
昆虫や花粉から隔離しなければならず、種をとるのにも一苦労です。


DSCF0348.jpg

畑の隣ではウコッケイを育てており、新鮮でおいしい卵もぴかぴか(新しい)新月
青梗菜を卸している飲食店からもらった麺が大好物のウコッケイ。
その鶏糞が畑の肥料となり、また美味しい青梗菜を育てるサイクルとなります。

DSCF0355.jpg


宮寺さんの野菜は、レストランMikuni Marunouchiにて供されています。
江戸東京野菜をお楽しみくださいかわいい



posted by まちの畑 at 12:00| つちの畑