2014年08月22日

【東京】江東区田んぼの学校

東京メトロ東西線「東陽町」駅から徒歩10分ほどのところ、
江東区の横十間川の親水公園内に、合計約250平方メートルの3枚の田んぼがあります。

田んぼ全体の写真.jpg

以前は、小学校等の田植えや稲刈りの1日体験学習の場として利用されていましたが、
2002年からは区民が年間通して稲作に挑戦する田んぼの学校が開催されています。

主催は、江東区ですが、企画、運営は、20-30名ほどのボランティアスタッフ
「江東田んぼクラブ」の皆さんが行っています。

田んぼの学校は、区内に住む小学生を含む家族を対象としており、
毎年100名ほどの人が年間通して種まき、田起こし、代かき、田植え、
自然観察、かかしづくり、稲刈り、脱穀、収穫祭などを行っています。

脱穀.JPG
脱穀では、足踏み脱穀機やとうみなど昔ながらの道具も使用

現在は、もち米「マンゲツモチ」を栽培し、
収穫祭では、そこでとれたもち米を使ってお餅つきをします。

すべて手作業で、わらやぬかなども肥料として田んぼに戻し、有機質の肥料も状況に応じて使用。
3つの田んぼのうち1つは、冬期湛水で冬の間も水をはり、カエルが卵を産む場所になるなど、
水辺の生き物を守ることもできます。

生き物の写真.jpg

田んぼの学校も今年で12年目。
稲作を通して、親子で昔の文化や自然とのふれあいもできる都内でも貴重な場所。
これからも長く続いてほしいと思いました。

posted by まちの畑 at 15:44 | TrackBack(0) | つちの畑

2011年10月05日

【東京】東京駅から徒歩2分で農園!

東京駅八重洲北口から徒歩2分のビルの合間に農園が出来上がりました。
場所は日本ビルヂングとJXビルの間です。

これは大丸有農園協議会という団体が主体となり行う事業で、
都市農業の振興を目的としています。

東京の伝統野菜である江戸東京野菜を東京で消費するために、
東京で生産しよう、という取り組みです。


施工手順からご紹介します。


施工前は、普通の植え込みです。
P8272719.JPG


芝や植木を撤去して穴を掘ります。
P8272743.JPG

底が平らになるように、砂を敷きます。
P8272756.JPG



廃プラを利用した枠材で区画を作ります。
P9042735.JPG


排水層の軽量骨材を敷き込み、軽量土壌を混ぜ合わせます。
P9042740.JPG


柵も出来て、農園風になってきました。
P9112750.JPG


作付については、次回に続きます。
posted by まちの畑 at 11:58| つちの畑

2011年04月25日

【東京】加藤農園で体験

最近、練馬区で大人気となっているのが、「体験農園型」の市民農地です。
5年間の交渉の末、練馬区が市街化区域における農地を「生産緑地」として認め体験
農園が発足しました。


ここでは、農主さんの栽培計画に則って野菜作りを行います。
DSCF9522.jpg


一列に並んだネギの、美しいことぴかぴか(新しい)
DSCF9519.jpg


自由度が低い分、管理をプロに教えてもらえるので、
失敗が少なく、なんと、収穫した野菜をスーパーマーケットで
買ったと仮定すると、年間少なくとも4〜5万円にもなり、
収穫量の多い人では9万円もの金額になるそうです。

さらに、茨城での米作り、味噌醤油つくりなどの体験を提供したり、年度の初めに
先ず交流会を催し参加者どうしの交流を促す活動をしています。

コミュニケーションの無い体験農園は経営が難しいという経験から、利用者同士の
交流を重視した経営を行っているのです。
DSCF9530.jpg

posted by まちの畑 at 16:00| つちの畑

2011年04月11日

【東京】江戸東京・伝統野菜研究会の「宮寺農園」

小平で江戸野菜を栽培する宮寺農園を訪れました。
のらぼう菜、亀戸大根、金町コカブ、馬込人参、また、中国野菜の紅菜苔(コウサイタイ)など
多種多様な野菜の栽培をおこなっています。

DSCF0350.jpg


種屋さんで扱っていないような野菜も多く、知り合いの農家や
亀戸の神社から亀戸大根の種を譲り受けたりしたこともあるそうです。
これらの種は、コンタミネーションを防ぐため、花の時期には
昆虫や花粉から隔離しなければならず、種をとるのにも一苦労です。


DSCF0348.jpg

畑の隣ではウコッケイを育てており、新鮮でおいしい卵もぴかぴか(新しい)新月
青梗菜を卸している飲食店からもらった麺が大好物のウコッケイ。
その鶏糞が畑の肥料となり、また美味しい青梗菜を育てるサイクルとなります。

DSCF0355.jpg


宮寺さんの野菜は、レストランMikuni Marunouchiにて供されています。
江戸東京野菜をお楽しみくださいかわいい



posted by まちの畑 at 12:00| つちの畑

2010年11月24日

【東京】足立区東六月町「エコプチテラスで菜園」

東京都足立区のエコプチテラス事業の中の市民農園タイプの事例「東六月町ロッキーガーデン」を訪問し、
今回は園主であるNPO花とみどりの会の横田正実さんのお話も聴くことができました。

エコプチ1.bmp

画整理事業の公園用地及び道路用地を暫定的に市民農園として活用。平成18年に開設。
土地面積約1400uで全30区画。1区画24uで利用料は年額3万6千円。
NPOとみどりの会が運営・管理している体験型農園で利用料には苗、肥料、指導料等が含まれています。
もともとは農地(生産緑地)であったため農園として活用したが、農園開設まで時間が経ってしまったので
野菜作りに適した畑に戻すのに苦労したとのこと。

エコプチ3.bmp
NPOが作付けしている区画の作物は、収穫祭等イベント時に販売して運営費の一部に充てています。

エコプチ2.bmp
畝ごとに同じ種類の野菜を植えています。

おおまかに区画割りをしているが、作付け、除草、収穫等は全て共同作業。
みんなでわいわいと作業するのが好きな人にはぴったりです。

posted by まちの畑 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つちの畑

2010年08月16日

【千葉】和信産業「会社で菜園」

家庭菜園はやってみたいけど、あまり遠くまで行くのは面倒。。
という方にはほんとに羨ましい話ですが、和信産業という会社には
従業員のための菜園が用意されています!

IMG_0191.JPG

事務所引っ越しの際には、大金を掛けて鯉も一緒に引っ越ししたという
この会社の社長さんは生き物が大好きだそうです。
駐車場の植え込みをただの植え込みにするのが嫌で、
菜園として従業員に無料で提供しています。

IMG_0182.JPG

会社の新商品である、剪定枝の炭を土壌に混入して土壌改良も行っており
かなり本格的です。
休日には家族を連れてきて収穫を行う方もいて、会社に来るのが
少し楽しみになるのではないでしょうか。

DSCF0226.JPG

この菜園で作業することで、あまり交流の無かった事務所で働く人たちと
工場で働く人たちが仲良くなり、仕事もスムーズに進むそうです。
この良いことだらけの福利厚生、他の企業でも取り入れられたらよいですね。
posted by まちの畑 at 12:00 | TrackBack(0) | つちの畑

2010年08月04日

【東京】美竹区民菜園「渋谷で菜園」

渋谷駅からほど近い小学校の廃校跡地の一部を利用して、こんな場所に?!と思うような渋谷の真ん中に、美竹区民菜園はあります。

IMG_1565.JPG


行政サービスの一環として行われる事業のため、月額使用料は約10uが1000円とかなり格安で、そのため応募倍率も高く、狭き門になってしまっているようです。
しかし、東京の真ん中に住みつつ、家庭菜園に取り組むことが出来たら、こんなに素敵なことはありません。

IMG_1569.JPG

開設前には匂いや土壌汚染について心配されていた近隣住民の方も、町会枠の利用を通して「畑相談会」や「堆肥作り」を行い、地域のコミュニティ形成が進んでいます。
都心における市民農園の先駆けとなる渋谷区の取り組みは、他の区からも問い合わせが多く、都市住民からの需要が多いことがよくわかります。


posted by まちの畑 at 15:53 | TrackBack(0) | つちの畑

2010年07月19日

【神奈川】きせつのこみちグリーンガーデン「コミュニティガーデンで菜園」

ここは都市計画道路用地として横浜市が先行取得したまま未利用だった土地を、地元の人たちがコミュニティガーデンとして活用している事例です。

1.bmp
<傾斜のある道路用地を活用>


一般の住民が市有地を直接利用することはできないため、横浜市が宮前区に貸与し、区が市民団体に無償で貸し出すという方式をとっています。

2.bmp
<野菜の畑:調査時点は12月なので何も植わっていない>


コミュニティガーデンを立ち上げた当初は市民活動支援の区の助成を受けていたそうですが、現在は区の財政的支援がなく、「都市緑化基金」や市の「公園協会」の活動資金を得ながら活動を続け、イベント収入などで運営費をまかなっているそうです。
そのためか、手作りのコミュニティガーデンという印象が強くただよっています。

3.bmp
<活動を呼びかける掲示板>

ここはコミュニティという目的で区から借りているため、野菜などの収穫が目的ではなく、あくまで共同で作業し、イベントの材料としての野菜づくりということになります。

4.bmp
posted by まちの畑 at 12:00| つちの畑

2010年06月21日

【神奈川】川崎市富士見公園「はぐくみの里で菜園」

総合運動公園の一角に整備された【はぐくみの里】、
ことの始まりは公園内のテント村対策でした。
OXAsxm 019.jpg


農園は区画貸与方式ではなく、失われつつある
地域コミュニティーの再生を目的として公園内に
都市型農園が考え出されたそうです。
農園として必要な管理施設、修景施設、園路広場、
給排水設備等は、市が整備しました。


市民グループが自主運営し、市がバックアップして、
花壇グループ、田んぼグループ、ハーブグループ、
畑グループの4グループが活動しています。

OXAsxm 010.jpg

今では、コミュニティ醸成に貢献する活動として定着、
ホームレス収容宿舎の住人も参加しているそうです。
周辺には新しい住宅も建ち、来園者も増えるなど、
「はぐくみの里」が、殺伐とした公園のムードを一気に
解消し、地域全体の環境改善効果にも大いに役立ったと
いえるでしょう。
従来の公園利用のあり方に加え、公園内の農園が
新しい都市公園のあり方の一方向を示唆しているのでは
ないかと思われる好例でした。

OXAsxm 021.jpg
posted by まちの畑 at 13:58 | TrackBack(0) | つちの畑

2010年05月20日

【名古屋】ファーミッシュ・菊井貸し農園「駐車場で菜園」

名古屋市西区の住宅地にある駐車場の一角で、菊井貸農園は始まりました。
菜園に合わせて、駐車場の看板や自動販売機も緑です。

2-1.JPG


駐車場経営のノウハウを持つ不動産工房は、都市における駐車場の
活性化を考え、駐車場経営を希望する土地オーナーと組んで、
都市型貸し農園ビジネスの「ファーミッシュ事業」を行っています。

3-1.JPG


1区画は6u、1か月5千円で、1畝だけ借りることもできます。
公共の市民農園と異なり、契約期間にしばりはありません。
段差のあるつくりになっているので、排ガスや、駐車場利用者からの
視線が気にならないそうです。

6-1.JPG

駐車場には、電気自動車用の充電設備が併設されており、エコなパーキングとして
マスコミにも取り上げられています。
さらに、この事業が始まってからこの会社への就職希望者が大幅に増え、
企業イメージのアップにも貢献しているようです。
posted by まちの畑 at 12:58 | TrackBack(0) | つちの畑

2010年03月12日

【仙台】まちなか農園藤坂 「SpecialReport」

10.jpg
仙台市 まちなか農園藤坂については、
こちらのスペシャルレポートでご覧ください。
posted by まちの畑 at 22:06 | TrackBack(0) | つちの畑